キャッシング審査甘いと金利高い

キャッシングの場合、基本的には借りやすいほど金利が高くなります。
かつてキャッシングの金利においては出資法と利息制限法の2つの上限が設定されていました。
出資法の上限が29.
2%、利息制限法が20%です。
この両者の上限の差を「グレーゾーン金利」と呼んでおり、利息制限法を越えた金利で利息を支払った場合には「過払い」が発生していたのです。
具体的には10万円未満の場合は20%、10万円以上100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%です。
キャッシング会社を選ぶ場合にはこの範囲内で金利が設定されていることを前提にしたうえでどこがもっともお得かを比較することになるのです。
闇金融などの場合、こうした上限を無視した高い金利で融資している場合もあります。
いくら切羽詰っているからといって不当に高い金利のキャッシングを利用しないよう、注意するようにしましょう。
キャッシング主婦パート