フラット35の金利は?

フラット35の借り入れ限度額は物件購入費の90%まで、最高は8,000万円までとされていましたが、現在は上限は撤廃されています。
しかし、その名残が「融資率9割以下」と「9割超」の2段階金利に現存しています。
金利の内訳は、返済期間20年以下の場合、融資率9割以下では12.
00%、9割超では1.
330%、返済期間21年以上から35年以下では9割以下の場合14.
70%、9割超では16.
00%となっています。
ここに掲載した金利は、フラット35のホームページに掲載された「取扱金融機関の提供する最も多い金利(2015年3月23日現在)」を元に掲載しています。
フラット35の物件審査基準を満たした上で、省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性、可変性の条件を満たすと、更に低金利な「フラット35S」の適用もあります。
フラット35金利引き下げナビ - 1%優遇をシミュレーション